アニメとゲームと趣味を語るブログII

アニメ、マンガ、ラノベのサブカルチャー情報を中心に語るブログです。基本、毎日更新! メインサイトはhttp://www.acshock.net/

なろう検証動画

 YOUTUBEで見ているのは、転売ヤーざまぁ動画となろうを検証している動画です。

①読者層について
 まず、なろうの読者層は、20代中心かと思っていたら、実は30代、40代が中心で、たまに20代後半と50代もいるようです。
 TSUTAYA異世界コミックレンタルコーナーだと、たまにおばさんとおっさんが真剣にタイトルを見ていたりしていますが、読者の1人なわけですね。
 で、なぜ30代、40代に多いのか。
 答えは簡単で、仕事で疲れているときの癒しです。
 なので、簡単に手軽に読めるお話というものを求めています。
 よって、三人称よりは、一人称。難解な言葉よりは、簡単でストレスなく読める言葉となってきます。
 そのため、「剣の咆哮が魔物を屠った」より「ずぉぉぉぉぉ! 俺の放った一撃で魔物は倒れた」と中学生レベルの文法でいいようです。
 理由は、さっきも言いましたが、読者の多くは疲れています。なので、読解力のいるストレスを感じる文章は読みたくないわけです。
 なろうには、なろう読者に対する最大限の配慮というか、暗黙のルールがあるようです。

➁長いタイトルが多い理由
 なろうといえば、くそ長いタイトルです。
 最近は、タイトルの後に、くそ長いサブタイトルもついて、100文字を超えるタイトルも普通にあります。
 以前アニメ化された「勇者になれなかった俺はしぶしぶながらも就職を決意しました」もくそ長いタイトルでしたが、なろうは「信じていた仲間達にダンジョン奥地で殺されかけたがギフト『無限ガチャ』でレベル9999の仲間達を手に入れて元パーティーメンバーと世界に復讐&『ざまぁ!』します」レベルの長さが普通です。
 理由は、単純で、なろうには、毎日何百という大量の作品が投稿されるので、読者に読んでもらうためには、あらすじレベルの長さのタイトルでないと読んでもらえないからです。
 ちなみに、2021年4月時点で、一番長いタイトルは「無駄だと追放された【宮廷獣医】、獣の国に好待遇で招かれる~森で助けた神獣とケモ耳美少女達にめちゃくちゃ溺愛されながらスローライフを楽しんでる『動物が言うこと聞かなくなったから帰って来い?今更もう遅い!』」の134文字です。
 長くなったので、今回はこの辺で。次回は流行のジャンルについてです。

今日は、ドラえもんの誕生日。

 今日、9月3日はドラえもんの誕生日です。
 2112年9月3日ということで、現在-90歳です。
 ちなみに、なぜ9月3日なのかというと、当時の小学4年の平均身長129.3センチに由来しているそうです。
 なので、身長も129.3センチで体重も129.3キロ。デブ猫ですね。

 そんなわけでもないですが、今回は「STAND BY ME ドラえもん」の1と2をレンタルして見たので、その感想を。
 1が2014年公開で、2が2020年公開の映画です。
 そして、アニメではなく、CGで描かれているのが特徴です。

 原作と設定が若干違っていますね。
 ドラえもんは、のび太としずかちゃんを結婚させるために、過去に留まることをセワシからプログラムさせられたものになっています。
 だから「未来に帰りたい」と言ったら、電撃制裁が発動されます。
 そして「雪山のロマンス」は、のび太の情けなさが悪目立ちする内容ですが、映画では、雪山で病気になったしずかちゃんを、未来ののび太が助けに来る話になっています。
 そして、結婚前夜のび太ジャイアンスネ夫となぜか出木杉くんがメンバーに。
 ちなみに、出木杉くんの声は、テレ朝の女子アナが担当しています。
 ちょっとここで気になることが一つ。14年後に結婚することになりますが、そこにドラえもんの姿はありません。
ドラえもんは、もう......」という意味深なセリフが気になります。今後の伏線でしょうか。
 最後は、「さようなら、ドラえもん」と「帰ってきたドラえもん」です。
 ラストは、かなりシュールですが、泣ける展開なのは間違いないです。

 2では、「おばあちゃんの思い出」から始まり、「のびちゃんの結婚相手が見たい」という一言で、結婚当日にタイムスリップ。
 しかし、結婚式当日になっても、のび太は現れず。いったい、未来ののび太はどこに行ったのかという内容です。
 これは、最初から伏線が緻密に張り巡らされて、それを回収できているのがすごいです。
 あと、結婚式の内容は、原作では描かれていないので、これが初ですね。
 その結婚式の挨拶の様子をおばあちゃんに生で見せて、ミッションコンプリート。
 あと、ちょっとした小ネタで、二人の結婚式の似顔絵は、クリスティーネ剛田のサイン。
 プロの漫画家になったジャイ子からのプレゼントは、ある意味貴重です。
 そして、過去ののび太の部屋の押し入れに貼ってあったポスターが、SUMIREになっていました。
 上坂すみれではなく、星野スミレです。
 スクーターに乗ったのび太、盗んだバイクで走り出したのは、勉三さんのバイクでした。
 声の出演で、勉三さんのキャストが不明なのが残念でした。字幕では、勉三と書いてあったのに。
 こういう、昔の藤子キャラが出てくるのは、いいですね。

 そして、未来デパートの社員で、バカリズム。入れ替えロープの声が羽鳥アナでした。
 あと、小学校の学校の先生の声が、高木刑事という事実。のび太の両親も、ガンダムSeedで共演した2人になっています。

異世界おじさんが今月は中止に…...

 今日、公式から発表があって、今期の覇権と言われているアニメの「異世界おじさん」が8話以降の放送を一時休止することになったようです。
 スタッフからコロナ感染者が出たことが原因のようで、感染拡大防止という理由からでした。
 そのため、次週からは3話からの再放送となります。
 ということは、8話以降は10月からということですね。

 そして、10月からの新アニメ全60本を紹介する動画を見てきました。
 驚いたのが「勇者パーティーを追放されたビーストテイマー、最強種の猫耳少女と出会う」が来月から放送というのを、知りました。
 ちなみに、コミックは全巻既読済みです。
 感想は、勇者パーティー全員が、主人公以外クズすぎる性格で胸くそ悪くなるところと、5人の最強種が、猫耳だけでなく、ドラゴン、ドライアド(双子幼女)、狐耳を仲間にしていきます。

 個人的に面白そうなのが、「新米錬金術師の店舗経営」と「不徳のギルド」です。
 新米のほうは、コミック読んでからの判断で、不徳のほうは、「回復術士のやり直し」の製作となっていて、かなり攻めているようで、エロ展開がありそうな予感がします。

 あと、「転生貴族の異世界冒険録 ~自重を知らない神々の使徒~」がアニメ化決定しました。
 笑えるのが、「自重」という言葉があるところです。
 10年前のなろう系は、主人公がチートすぎるから「自重しろ」が、かなりの作品で言われていました。
 今も、チート能力の作品はありますが、「自重しろ」というセリフは、一言も出てきません。
 そういう意味で、「自重」というワード自体、死語になっています。
 そんな時代の作品ですが、辺境伯の三男が、男爵になって、子爵、伯爵と昇進していくので、貴族の昇進を知りたい人には、いいアニメになりますね。
 主人公に嫌味を言ってくるキャラもいますが、時々、説明キャラになっているので、不思議と嫌な感じはしないです。
 例えば、男爵と侯爵の息子のどちらが偉いかとかわかりやすく説明してくれてます。
 現在、コミック版では、子爵になって、領地経営をしているところになっています。
 そして、称号が…...神の使徒→亜神。
 王様から「自重しろ」と言われるのもわかります。
 あと、嫁さんが3人。個人的には、能力よりも嫁さんの数を自重しろと言いたいです。

ONE PIECE FILM RED

 今日はワンピースの映画を見てきました。
 1日なので、ファーストデイで、1200円で見れました。
 ちなみに、ワンピースは原作をあまり知りません。
 コミックレンタルで1巻から借りて読んではいますが、現在5巻の時点です。
 ウソップが仲間になるシーンのところです。

 映画の内容ですが、麦わら一味の登場人物を知らなくても大丈夫でした。
 今回の映画は、ルフィーさえ抑えておけば、だいたいわかります。
 シャンクス(原作1巻でルフィーに麦わら帽子を託したキャラ)の娘のウタが、超有名な歌姫になって、ライブに行くところから始まります。
 そして、冒頭で、最初の歌、「新時代」。
 それから、シャンクスといろいろあって、船を降りて、海賊嫌いになったという設定がうまい伏線になっていて、最後はそれを回収しています。
 さて、最後はウタはどうなったのかは、読者の判断に委ねるという終わり方になっていました。
 エンディング曲は、秦基博提供の「風のゆくえ」です。
 アカペラだとぱっとしない曲でしたが、エンディング曲では壮大に聞こえました。
 そういう意味で、編曲のアレンジャーは偉大です。
 今回の映画には、悪役で霜降り明星の2人が登場していました。
 そして、シャンクスの声が、まさかの赤い彗星のシャア、いや今は赤井さんと言ったほうがいいか。
 あとは、「出た、負け惜しみぃ」というセリフが何回か出てきます。
 今回の映画の特典は、映画の設定資料集が中身の巻4/4です。
 映画で歌った7曲の歌詞のフル掲載、Adoのインタビューとかなり豪華です。
 この曲は、アルバム「ウタの歌」として、発売されています。
 TSUTAYAでは、Adoの紹介曲で、新時代が流れています。

8月もおわり。

 8月も終わりましたが、暑い日は続いています。
 ロシアとウクライナは膠着状態。ウクライナは、武器の提供が止まったかと思えば、ロシアは傭兵頼みで、ロシア兵には戦前の粗末な武器しか渡されていないという悲惨なことになっています。
 国内では、あべし!の国葬反対のデモがあったり、旧統一教会のウソ会見があったりとしています。
 個人的に言うと、あべし!の国葬は反対です。
 森友、加計、桜に統一教会とは仲良しという人間の国葬ということは、統一教会にはいい宣伝になりますし、疑惑の人間を国葬というのは......
 恐らく、銃殺ではなく病死だったら、国葬にはなっていなかったでしょう。銃殺された悲劇の総理という印象が理由か、あるいは統一教会から依頼されたのが理由という可能性もあります。
 森友は火刑にされて、桜と一緒に散って、統一されて有耶無耶になるのがオチですか。

 統一教会のほうも、ミヤネ屋の番組報道を潰すことをはっきりと公言しています。他の民放が、統一教会の肖像権も理由に、放送を自粛する中、ミヤネ屋は連日統一教会のことを話題にしています。
 統一教会は、テレビ金沢24時間テレビの画像に統一教会を提供していることを公表したようですが、もちろん、テレビ金沢の許諾は取っていますよね? 統一教会さん。
 まさか、肖像権がどうのとか言っておきながら、自分のことは棚に上げて、テレビ金沢の画像は無断転載だったら、笑えます。
 ちなみに、日テレは、呆れながら「ほうっておけ」という態度で、今後も統一教会追及はやるそうです。
 そして、ひろゆき統一教会も批判しています。統一教会は、自分を批判する人をサタン(悪魔)と呼んでいるようですが、本当のサタンは、田中富広のほうでしょう。
 ちなみに、なぜ日本を金づるにしているのか。日本はサタンに支配されて、韓国も日本の植民地にされている。そのサタンからの解放と植民地の賠償の意味があるようです。
 サタンがはびこっているのは、文が滅茶苦茶やった韓国のほうであり、植民地の賠償は、解決済みです。すべては、日韓基本条約のときに韓国政府に渡した巨額の金を被害者に渡していない韓国政府が悪いので、そのことを棚に上げて、さらに金を要求とか、アホにも程があると呆れることしかできないです。
 相手が日本ではなく中国だったら、習は台湾の前に韓国に軍事侵攻をしていることだと思います。
 棚上げしているのは、統一教会だけでなく、今の韓国政府も同じです。

携帯の機種変更

 ということで、携帯の機種変更をしてきました。
 調べてみると、今使っているiPhone6を契約したのは、2015年5月ということで、使用期間は7年2ヶ月。
 あべし!の政権よりは短いですが、長期的な使用に、担当者もかなり驚いていました。
 使う機種は、これまでのiPhoneから、Androidに変更。
 選んだ理由は、バッテリーの消費が遅いということと防水機能があることですね。
 これで水没しても大丈夫です。
 使っているAndroidは、XPERIAになりますね。今年発売の最新機種だとXPERIA10IVになります。
 後ろには、SONYのロゴが。Androidは、SONY製でした。
 さらに、15日からの割引適用で、32000円を一括で払うと、本体料金はなくなり、ネット利用料も定額になることで、携帯料金がこれまでより、20000円以上も安くなることに。
 今までは、月額7GBまでは無料で、あとは追加料金という形で追加購入しないといけなかったこともあります。
 WI-Fi契約もそれが原因でしたが、その必要性もなくなりました。
 ただし、締日の影響で、正式適用は一ヶ月後で、それまでは、以前の料金になります。
 なので、最初の一ヶ月間は、Wi-Fi頼みになります。

 そういうことで、いろいろとアプリをDLしました。
 以前のiPhone6では、iOSというインターネット環境が12までしか更新されず、13以上が更新されませんでした。
 なので、13.0に更新された、がうがうモンスターとかマガジンポケットとかが読めずじまいでしたが、一ヶ月ぶりに読むことができました。
 そして、電池残量の減りが遅いです。今までは、1日の残り60%になることが多かったですが、今は91%と90%も切っていない状態です。
 あと、充電のポートがライトニングからUSB-Cタイプになりました。
 Androidになったので、Siriも使えなくなることに。Siriの代わりのAIはいることはいます。

日常系とは......

 カテゴリーで、「南海トラフ地震」と「日常系」の2つを追加しました。
 南海トラフ地震は、2034年に来るといわれていますが、明日来てもおかしくないくらいなので、防災の意味を込めて作りました。
 あと、難波にあるOCATの建物が防災避難ビルなことが判明しました。民間で見つけたのは、初めてです。
 ただ、あの建物は通常は2階までしか行けなくて(1階は土産物屋や役所、2階は空港行きのバス乗り場)、地下の入口も多いので、津波の避難に適しているか疑問なところはあります。
 3階部分が有事のときに解放されるというのならば、別ですけども、地下から逃げる分には最適な場所かもしれません。

 そして、「日常系」というのは、今までのカテゴリーに当てはまらないものになります。
 これまで「政治・経済・社会」のカテゴリーにしていましたが、ジャンルが違うなと。
 そういうことで、日常系とか、YOUTUBEとかの話題は、こちらのカテゴリーに入ると思います。

 今日は、WI-Fi契約に行ってきました。
 今更という感じもしますけども、個人的にパソコン系には詳しくても、モバイル系には、かなりうといです。
 理由は、携帯のバックアップを取るための契約ですが、実はモニター部分を取り外して使えるパソコンを中古で買っていて、それを使うのにも必要です。
 そのパソコンは、USBポートが1つもありません。なので、ネット接続は、無線のWi-fiということになります。
 説明は2時間程で終了し、契約は完了。
 これで、携帯のバックアップはできましたが、終わるまで20時間......
 なぜ、こんなに時間がかかるのかは、携帯の機種が古いからという理由。
 使っている機種は、iPhone6。今だと、iPhone13が最新機種です。