アニメとゲームと趣味を語るブログII

アニメ、マンガ、ラノベのサブカルチャー情報を中心に語るブログです。基本、毎日更新! メインサイトはhttp://www.acshock.net/

このSPYがめんどくさい。

 実は、昨日放送されていることを知らずに、見逃したのが2つあります。
 1つは「SPY×FAMILY」。もう一つは、「このヒーラー、めんどくさい」です。
 なので、この2番組は、dアニメストアの配信で見ました。

SPY×FAMILY」は、最近コミックを読み始めましたが、今期の覇権が来たかもしれません。
 レンタルコミックでは、1位の常連というのもありますが、ストーリー自体がかなり面白いです。
 ちなみに、カラー化されたコミックがあったので、そちらを買いましたが。

 ストーリーは、異世界です。
 世界は、東国(オスタニア)と西国(ウェスタリス)の2つに分かれていて、東西の間に鉄のカーテンが下されて14年。
 それ、何ていうトルーマン・ドクトリン?
 東国のトップの党総裁、デズモンドは、西国に戦争を起こそうとしていて、西国のスパイ(コードネーム:黄昏)は、デズモンドに近づくための作戦を命じられるところから始まります。
 主人公は、西国のスパイとして、東国で、諜報活動をすることになります。
 このデズモンドは、人前では滅多に姿を現さず、唯一姿を見せるのは、息子が通っている名門イーデン校の懇親会のみ。
 そのため、結婚して子供を産み、その子供をイーデン校に入学させるというCIAでもやらないという回りくどすぎるミッションを命じられることに。
 しかし、子供どころか恋人もいなかったので、孤児院から、賢そうな子供を引き取り、その子供を自分の子として入学させるということに。
 さらに、偶然出会った市役所の女性と結婚することに。
 スパイは、精神科医と身分を偽ることで、疑似家族が誕生しました。
 まずは、自分の娘を名門校に入学させないと、世界平和が実現しないという大掛かりなミッションです。
 こうして、オペレーション梟(ストリクス)が始動しました。
 ちなみに、梟はフクロウです。

 さて、この家族、父親は精神科医と偽った西国のスパイですが、母親は市役所職員でありながら、実は殺し屋。コードネームは、いばら姫。
 娘のほうも、人体研究所の実験で生み出された人の心が読める超能力者でした。
 ある意味、最強家族がミッションのためだけに作られた疑似家族となりました。
 あと、母親には弟がいますが、弟も極度のシスコンだけでなく、東国の特高警察(拷問は日常茶飯事)で、黄昏を捕えるミッションを負っています。
 関係性が、キャッツ・アイみたいになっていますね。

「このヒーラー、めんどくさい」は、サブタイトルが長すぎて、書くのがめんどくさい。
 dアニメストアとかは「そんな第一話」と略されていますし。
 正式サブタイトルは、「魔物やモンスターがはびこる世界で冒険者の道を歩もうとするアルヴィン(主人公/甲冑の戦士)は熊の怪物と戦いピンチのところに運良くダークエルフのヒーラーの女の子カーラ(ヒロイン/ダークエルフ)が通りかかったがカーラの性格があまりにもあまりなので言い合いになり熊の怪物も困惑しさらにそのあと熊自宅に連れていかれるという原作コミックスにない展開があるので原作ファンの中には『あれ?』と思うかたもいらっしゃるでしょうけれどこれは雑誌掲載以前にネットで発表されていた『これ、何の話ですか?』という同じ世界観の漫画を元にしているのでご了承くださいとお願いするスタッフと原作サイドの意向をこの場を借りてご説明させていただきつつなおこの長いサブタイトルには縦読みや斜め読みのような仕掛けはないのでそのこともおことわりしておきたいそんな第一話」って、長い……
 しかも、これが超高速字幕で流れていくから一時停止をして、何とか書き切りました。
 一言で言うと、ギャグアニメ。内容はサブタイトルを読んだらわかる。以上。

 さっきまで争っていたクマーが急に日本語を話だし、2人に説教というシュールなシーンと今夜はクマーの自宅(普通の家)に泊まって、2人は冒険を……って、なぜ、めんどくさいのにパーティーを組んでいるかって、それはこのヒーラーから離れると死ぬ呪いをかけているから。しかも、解呪方法はないという状態。
 しかも、エンディングアニメーションには、2話から12話までの登場人物紹介がされていました。

ラブライブ!では、あのユニットが……

 「ラブオールプレー」のサブタイトルは「旅立ち」ということで、中学校の卒業式がメインでした。
 そして、高校入学して、本格的な練習が始まるといった感じでしょうか。

ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」は、4人が集まって、4人でステージで歌いたいとなりました。
 このメンツは、もしかして、QU4RTZ(クオーツ)ですか。
 電撃G'sマガジンで、読者の公募でユニット名を決める企画があって、ユニット名決定の号を読んでいたので、メンツは覚えています。
 かすかすもそのユニットにいたのは、この放送で初めて知りました。
 あと、QU4RTZの他にも、A・ZU・NA(アズナ)とかも決定していました。
 ただ、メンバーの名前からユニット名にするのは、つんくと同じセンスですよね。ごまっとうみたいな。
 あと、DiverDiva(ダイバーディーバ)とこの3ユニットの名前の決定がされていました。ただ、DiverDivaと聞くと、初音ミクを連想してしまうのは、なぜなんだろう。
 wikipediaでは、他に留学生2人&その幼なじみと組んだR3BIRTH(リバース)というユニットもいます。
 すでに、それぞれシングル曲を何枚か出していますし、ここで、新曲のステージになるということでしょうか。
 今回の曲も、先週と同じく鐘嵐珠の曲でした。

 次は「デート・ア・ライブ」の4期です。3期から3年ぶりです。
だいぶ前に放送していた「はたらく魔王さま!」(2013年4月~6月)も2期が決定しますし、「異世界はスマートフォンとともに。」(2017年7月~9月)も2期が勝っていしていますし、間をかなり開けての2期が多いです。

 4期では、新キャラの精霊として、伝説の漫画家として、連載再開したキャラが登場。
 登場人物が多くなる=ハーレムエンド確定は、定番中の定番な展開ですね。

「可愛いだけじゃない式守さん」は、マガポケで更新されたら、必ず閲覧数1位になる作品で、1巻だけレンタルで読んでみましたが、1話がかなり短いです。
 アニメで1話で1巻分の内容をすべてやっていました。
 式守さんは、可愛いだけでなく、時々かっこいい。

 次は「くノ一ツバキの胸の内」です。原作者は「からかい上手の高木さん」と同じ人です。
 女忍者しかいないところで、初めて男を見て、この興奮と昂ぶりは何なんだ、みたいな話です。
 それを恋というわけですが、男を知らない以上、まずそのことに気づかないというものです。
 男はケダモノ扱いされていて、子供は決して男に近づかせない生活をしているようです。

木曜日と金曜日も。

 他の新番組の感想を行きます。
「であいもん」は、京都の老舗和菓子屋が舞台のようです、。
 生き別れたギターを抱えた父親を捜す女子小学生とバンドが解散して実家に帰ってきたギタリストが家を継ごうとする話で、そこでの出会いとかが関係している人情系ですね。

 そして、次は二度目の再放送の「四畳半神話大系」です。見ましたが、途中で止めました。
 独特の世界観が理解できないです。
 次が「エスタブライフ グレイトエスケープ」です。タイトルだけ聞くと意味不明ですが、要はJKが運営している逃がし屋です。
 第1話で逃がす相手は、主人公が通っている学校の担任。でも、どう見ても安倍さんにしか見えないのはなぜなんでしょう。
 最後は、ビルの屋上から隣の町までをワイヤーでつなぎ、滑車を使って「お達者で!」という逃がし方です。
 アメリカ横断ウルトラクイズにありそうな罰ゲームのようです。
 次は「サマータイムレンダ」の放送直前特番です。
 阿波連さんと同じジャンプ+の連載で、全13巻で完結しています。ポスターには、2クールで原作の最後までをアニメ化するようです。
 和歌山の島を舞台に、自分の影を見た物は死ぬという言い伝え。そして、主人公は、死ぬ前の3日間を何度もタイムリープする話のようです。
 その3日間が、全く同じ話になったら、第二のエンドレスエイトになるわけですが、こちらはどうなるのでしょうか。
 ちなみに、このアニメのメインヒロインは、和歌山市観光大使に任命されているようです。

 金曜日のアニメになります。そして、2週目に入ります。
ダンス・ダンス・ダンスール」は、先週の特番もあって、見てみました。
 主人公は、バレエに興味はあったものの、周囲には言い出せずに、武道を習っていたようです。そこから、地元のダンス大会を期に、クラスメートの母親が運営しているバレエ教室に通うような内容です。
 主人公は、他にもサッカー部に所属していて、部の合宿とダンス大会の日が重なるという事態。
 部も武道も全てを捨ててバレエをできるか問われるわけですが、気にはなりますね。

 阿波連さんの2話目。たまたま字幕にしていたことで判明しましたが、「あわれん」ではなく「あはれん」と読むようです。
 どちらのひらがなでも、阿波連で変換されるので、気づきませんでした。
 今回は、阿波連さんの様子を見ているストーカーと思いきや、実は阿波連さんの数少ない友達でしたという話。
 今回もブレていませんでしたね。

 次が「ヒロインたるもの! ~嫌われヒロインと内緒のお仕事~」です。
 告白実行委員会のキャラみたいな人がいると思っていたら、原作はHoney Worksでした。
 オープニング曲は、アイドル2人組LIP×LIP。エンディング曲は主人公を含めた3人が歌う曲です。
 ストーリーは、陸上のスポーツ推薦で、地方から東京の高校に進学。そして、同じクラスには、LIP×LIPの2人がいて、しかも席は、その2人を挟んだ間の席。
 さらに、2人が口論しているところを偶然聞いて、口止めに脅されるという始末。
 バイトを探していたら、1500円と高額。内容は、2人のアイドルの新人マネージャーでしたという話です。
 採用した理由が、同じ高校でクラスも同じだからのようです。
 どうでもいいですが、エンディング曲が一度聞くと耳にこびりついて、しばらく頭の中で勝手に脳内再生される曲でした。

盾の勇者 VS 骸骨騎士

 これで、今期の異世界ファンタジーは、5作目です。
 昨日、書き忘れていましたが、盾の勇者が始まっていました。
 見逃してしまったので、dアニメストアで見ましたが、原作とほぼ同じでしたね。
 とりあえず、波という災厄に備えて、レベルアップするというのが目的ですね。

 盾の勇者の冤罪は、女王の帰還によって晴れ、王はクズ、第一王女はビッチに名前を変えられて、王権をはく奪。第二王女が次期女王となりました。
 盾の勇者は、獣人の住むラフタリアの故郷の土地の領主となり、次期女王もその地で獣人と人間が共存できる国を目指しているという形で第一期は終わりました。
 その間、異世界かるてっとの二期で、隣のクラスの転校生になったり、盾の勇者よりも、槍の勇者を主役にした話のほうが面白かったりします。
 ところで、ラフタリアは、たぬきの獣人でいいんでしょうか。そして、1話目は、奴隷がもう一人増えることになりました。
 というより、盾の勇者にいる3人は、全員奴隷……

 骸骨騎士のほうは、いきなり強姦シーンから始まりました。
 こういうのも、ある意味珍しい。
 骸骨騎士ということで、コミック連載のときは、必ず「アインズ様」というオーバーロードネタでボケるコメントがありました。
 こっちのほうも、オーバーロードと同じで、ゲームの世界に入っちゃった系で、姿が骸骨だから、モンスターと間違われないように、騎士の甲冑を着こんでいるようです。
 この後、エルフが仲間になったり、九尾のモンスターが仲間になったりと3人のパーティーのようですね。
 騎士でありながら、冒険者になったりと金を稼ぐためには仕方ないとはいえ、骸骨なのに食べて大丈夫なのかが気になります。
 原作は読んでいないので、こっちはこれからの展開を読んでみようと思います。

さらに感想の続き

 感想の続きです。
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」作別編は、全50話を全9話に編集したもの
ですが、今回はパスします。
RPG不動産」は、Rent(賃貸) Plan(計画) Guide(案内)とRPGは関係ないかと思ったら、異世界ファンタジーでした。
 連載は「まんがきららCarat」です。そうなると、JK4人が相場だったりしますが、本当にJK4人でした。
 違いました。メインは16歳とJK枠ですが、2人は不明。もう一人は獣人なので、厳密にいえば、JKではないですね。
 オープニング曲はこの4人が歌っています。エンディング曲が、まねきガチャとは「やくならマグカップも」と同じ構成になっています。
 Aパートは、主人公の下宿先探し、Bパートは引退した女賢者様の家探しでした。
 ちなみに、女賢者の声は、井上喜久子17歳です。

 次が「史上最強の大魔王、村人Aに転生する」です。今期の異世界系3作目です。
 2巻まで見ていますが、前世の魔王の力を使って無双する感じですが、序盤はかなりのナンパ野郎ですね。
 友達を作ろうとして、魔王だったときの口癖で失敗という感じです。
 おして、エルフの村長の娘にしつこくストーカーをして、仲良くなるまでの幼い頃が第1話です。
 そして、エルフの村長と主人公の両親は、世界を救った英雄でした。
 この10年後に、学園に入学して、そこで、英雄の子供と噂になって、そこでサキュバスと出会って、三角関係になる展開があります。
 あと、敵となる魔導士集団も出てきます。

 次が「ツルネ ー風舞高校弓道部ー」です。
 タイトル通り、弓道男子系です。なので、ツルネは、漢字では弦音になります。
 中学で全国大会出場の経験のある主人公が、最初は弓道部に入る気がなかったのに、話を聞くだけならと入部する流れに。
 そして、経験者だからと弓を射るまでの過程が細かく説明されていました。
 中学校のときに何があったかわかりませんが、腕が落ちた主人公。
 バドミントン、乗馬に続いて、次は弓道とスポーツ系3作目です。
 あとはマギア・レコードのFinal SEASONは、2期を見ていないのでパスします。

こ、これは孔明の罠だ!

 火曜日の新番組の感想です。
 最初は「パリピ孔明」。ヤングマガジンで連載されていますが、読んでいませんでした。
 まだ67話と1年ちょっとでアニメ化。「カッコウの許嫁」並みの人気のようですね。
 見た感想ですが、結構面白いです。
 五丈原で死去した孔明が、気づいたらハロウィンの渋谷に転生していたというかなりぶっ飛んだ設定です。
 そこで、歌手のオーディションを受けては落ちている女子と出会って、その女子の軍師になるという話です。
 転生特典なのかどうかは知りませんが、中国人なのに日本語ペラペラ。
 しかも、オーナーが三国志ヲタだったおかげで、クラブのバーで働くことに。
 さらに、新しい働き口のカクテル作りと清算の手際の良さは、元の性格からか。

 歌手志望ということで、歌が何曲か出てきます。ただ、歌っている人は声優ではなく、96猫という歌い手の人です。
 そして、エンディング曲は、タイトルらしくmihimaruGTの「気分上々↑↑」です。
 D4DJi以来のエンディング曲です。
 歌っているのは、96猫と男性パートは、孔明役の置鮎龍太郎です。

 次は「勇者辞めます」。これもぶっ飛んでいますね。
 魔王を倒した後、待っていたのは、称賛と褒美ではなく、地上最強ということで、畏怖と恐怖でした。
 しかも、魔王四天王を倒したときに、重要文化財を破壊したことで、損害賠償を請求。
 国王からは国外追放を命じられ、追放先で魔王が再建を目指していることを知って、魔王の元で就活するという話です。
 当然、魔王からは却下。こうなった原因の勇者を採用する魔王がいるはずもないですし。
 そして、何とか四天王に取り入って、必死にアピールした結果、一ヶ月のお試しということで、仮採用。
 その間に結果を出せば。本採用になります。
 この後のストーリーを読みましたが、再建に多くの仕事があり、四天王の仕事の負担を減らすというのがメインのようです。

アムロ VS シャア

「Monday Park」の感想を始めます。
 その前に、「ようこそ実力史上主義の教室へ」が二度目の再放送です。
 でも、以前に見たのでパスします。
 そして、「理系が恋に落ちたので証明してみた」の二期ですが、前期は1話切りしたのでパスします。

 それでは、本題。
 最初は「ゼロの日常」です。これはコナンのスピンオフみたいな感じですね。
 今は他にもアニメ化が決定したのは、犯人を主役にした「犯人の半沢さん」というのもありますし。
犯罪都市 米花町に降り立った」って、いつから米花町は犯罪都市に……
 半年であれだけの事件が起きているわけだから、犯罪都市といえなくもないか。
 それでは、「ゼロの日常」は、安室透を主役にした話です。
 ところで、登場人物の名前は、ガンダムですよね。キャラの名前+中の人の名前という感じで。
 その安室透が憎んでいるのが、シャア。もちろん、シャアをそのままキャラ名に使えないから、赤い彗星シャアから赤井秀一に。
 ちなみに、工藤新一の父親の工藤優作の声もやってます。
 そして、去年の映画の主役でもあります。
 今回の「ゼロの日常」は、探偵事務所の下の階にあるポワロで働くのがメインでした。
 今回の顔の他にも、黒の組織のバーボンだったり、FBI捜査官の顔だったリと本業が何なのかが不明です。
 タイトル通り日常なので、事件は起こらないとは思いますが。

 次が「ラブオールプレーLOVE ~潜入!アニメ制作の裏側~」です。
 15分番組で、イベントの裏側とかありました。ラケットの代わりにフライパンを持ってくるというボケもやっていましたし。
 次がアニメ沼。これも15分番組です。相席スタートが司会進行で、「ラブオールプレー」のスタッフとアニメが完成するまでの工程を紹介していました。

 次が「乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です」
 乙女ゲーといえば、女性向けと思われますが、これは主人公が男子なので、男性向けですね。
 妹の乙女ゲーの攻略をやっていた主人公が完クリして死亡。気がついたら、その乙女ゲームの世界にいたが、有名キャラではなく、無名キャラのモブの一人になっていたというものです。
 しかも、乙女ゲーなので、女尊男卑の世界です。
 主人公の家族も、金持ちのババアの屋敷に住んでいるものの、ババアとは腹違い。
 そして、50代のババアと結婚させられるという運命。
 それを回避するために、このゲームの主人公が攻略するはずだったお宝を際に攻略して、ババアとは縁を切り、ダンジョン攻略の功績で男爵にという内容が1話です。
 これから、どう無双していくか気になったので、コミックを集めています。といっても、買うのは電子書籍のほうになりますけども。
 ここからの展開は、かなり面白いです。同じく転生した主人公の妹が王子と側近4人と逆ハーレムになったところを完璧にへし折ることをやったり、対決が卑劣で学園から敵視扱いあれたりします。
女尊男卑なので、当然嫌がらせは女子から受けますが、こっちはお忍びの王女で対抗したりと目つきが怖い仮面が出てくると無双が始まります。
 あと、悪役令嬢とこのゲームの本来の主人公とも出会います。